ペンギンさんの南極情報


コンテンツ

ご覧アレ

南極NEWS・天気



sunami* design

ペンギン写真集

ペンギンさん
おとさんも卵を温めます!
ひたすらめすを待つ雄のアデリーンペンギン。
めすは卵を産んだ後、おすにまかせて餌を食べに行きます。
卵を暖めるのは前半は、おすのお仕事です。

ペンギン写真集へもどる→
←前へ 次へ→

ペンギンさんの南極日記(セレクション)

 今日の話題は、「南極と料理講習会」です。

 昭和基地には、2名のプロのコックさんがいます。隊員の中には家庭料理を作る人もいます。また、全く料理など作ったことがない隊員もいます。

 私などは時々調理室に入り込んで手伝いと称してつまみ食いに行く事もあります。しかし、まじめにお手伝いとなると40人分の食事となるとこれは結構重労働です。

 特に油ものは、油が鼻について食欲が減退します。チャーハンなどのフライパンで調理するものはプロ用の大きなフライパンでフライパン返しをすると肩や腕が痛くて大変です。

 料理講習会は、好きな人を集めてすることもありますが、主に内陸旅行に行く人たちが交代で食事当番をするために食材の確保(毎日の食事のおかずを少しづつ冷食用にパックする)と調理のコツをおぼえるためにします。

 また、内陸ではパンを解凍すれば簡単に食べれることから、基地で食パンを焼いて適当な大きさにして冷凍にします。内陸旅行に行って帰ってきたらちょっとしたものなら調理できるようになります。