ペンギンさんの南極情報


コンテンツ

ご覧アレ

南極NEWS・天気



sunami* design

ペンギン写真集

ペンギンさん
水際に住むアデリーペンギン
遠くには氷山が見えます。
ここのルッカリーは1000羽以上のアデリーペンギンが子育てをしています。
さながら養鶏場です。鳥の糞や死骸もあります。
また、卵や雛を狙う大盗賊カモメもいます。
彼らも同じように自らの雛のために餌をとっているのです。

ペンギン写真集へもどる→
←前へ 次へ→

ペンギンさんの南極日記(セレクション)

 今日の話題は、「南極と賞味期限」です。

 食べ物には、賞味期限がありますね。でも、南極では賞味期限はあっという間に切れてしまいます。賞味期限は美味しく頂ける期限ですから多少は大丈夫です。

 半年もすると賞味期限切れのものばかりになります。ビールは、その期限が最も顕著にあらわれれる飲み物です。半年も経つとおりが溜まって味もぐっと低下します。ただ、飲めないわけではありませんので1年間飲み続けています。

 非常食は期限切れになると処分します。現在は、日本に持ち帰り廃棄します。非常食の中には米もはいっていますが低温下で保存しておくと賞味期限はあって無いようなものです。全く劣化しません。

 もっと驚いたのは、食パンです。1年前に内陸にデポ(置いておくこと)しておいてたものを焼いて食べたのですが水分もなくならず、味も全く低下していませんでした。冷凍保存はかなり有効ですね。

 賞味期限切れで失敗したものがあります。それは、フカヒレスープの缶詰です。賞味期限を過ぎてほおっておくと内容物が膨張して缶が破裂します。もちろん腐ってしまったからです。

 食品によっては、賞味期限を過ぎると腐りますので、においをかいでから食べましょう(爆笑)。