ペンギンさんの南極情報


コンテンツ

ご覧アレ

南極NEWS・天気



sunami* design

ペンギン写真集

ウエッデルアザラシの子
子犬みたいでしょ!
アザラシは、犬科のほ乳類だそうです。子の顔は本当に犬みたいですよ。
体の毛もふんわりしていています。ペットにしたいぐらいです。
そういえば、ごまふあざらしのたまちゃんは何処へ行ったのでしょう?

ペンギン写真集へもどる→
←前へ 次へ→

ペンギンさんの南極日記(セレクション)

 今日の話題は、「南極とアザラシ」です。

 アザラシといえば「ごまふアザラシのたまちゃん」を想像する方が多いかと思います。北極にもアザラシはいますが南極にも生息しています。ところで、南極に白熊がいると思っている人はいませんか?実は白熊は北極にしかいないんですよ。

 さて、南極での大型の生物としてアザラシがいます。昭和基地近くに住んでいるアザラシには、「ウェッデルアザラシ」と「カニ食いアザラシ」がいます。大 きいので乱暴もののような気もしますが、性格はおとなしいです。ただし、子育てをしているときに近寄ると怒ります。イヌ科の動物だそうで、子の顔つきは犬 にそっくりです。

 南極の夏(11月頃から2月頃まで)には、ペンギンと同じ時期にアザラシも子育てをします。ペンギンとは違いアザラシは、海氷上にいることが多い様です。親のアザラシは海氷の割れたところから海にもぐって餌をとって、乳や餌を子にあげるようです。

 自然は厳しいため、アザラシの子は親とはぐれるとすぐに死んでしまいます。観測隊員は自然の摂理を壊してはならないので、あきらかにはぐれたアザラシで あってもそのままにしておきます。後日、その場所に行くと子が死んでいることもあります。また、それを餌にする盗賊カモメなども生息しています。