ペンギンさんの南極情報


コンテンツ

ご覧アレ

南極NEWS・天気



sunami* design
ペンギン写真集
 写真をクリックすると大きい写真が見れますよ!!

海氷にいるアデリーペンギン 海氷の上を歩くペンギン
 海氷の上を歩くアデリーペンギンです。
つがい(夫婦)なのでしょうか2匹でいるところをよくみかけます。
よちよち歩きがとても愛らしいですよ。



子育て中 子育て中!
 お天気のよい日は背中の黒い部分に太陽を一杯浴びて暖まります。
すぐ近くには、海があります。
餌を取りに行ったり、子が大きくなったらここから海に行けます。
ここの周りには小石が沢山あります。そして比較的平らな場所です。
風もあたりにくい場所だと思います。

水際作戦 水際に住むアデリーペンギン
 遠くには氷山が見えます。ここのルッカリーは1000羽以上のアデリーペンギンが子育てをしています。
さながら養鶏場です。鳥の糞や死骸もあります。
また、卵や雛を狙う大盗賊カモメもいます。
彼らも同じように自らの雛のために餌をとっているのです。

ひなたぼっこ 体を温めるアデリーペンギン達
 あれあれ、卵がありません。食べられちゃったのでしょうか?
雛が成長して海に行けるのは何分の1でしょうか?





おこちゃいやよ! 怒るアデリーペンギン
 地面にお腹をつけていますから子育て中は、みんなお腹が茶色くなっています。




一人で何処へ行く! 一人ぼっちのアデリーペンギン
 このぽつんと一匹だけのペンギンさんも絵になっているでしょ!





水泳前の準備体操 水泳前のアデリーペンギン
  海からぴょんと跳ね上がって氷の上に上がったところでしょうか?
とても愛らしいですね。。。




卵は大事に育てます! 岩の上のルッカリで卵を暖めるアデリーペンギン
 卵暖めてます!そんなにみつめないで!足の間に挟んでぼっかぼか。
ペンギンさんの足は動脈に静脈が網のように重なっているためいつもほっかほかなのです。



ひたすら暖めるのみ! おとさんも卵を温めます!
 ひたすらめすを待つ雄のアデリーンペンギン。
めすは卵を産んだ後、おすにまかせて餌を食べに行きます。
卵を暖めるのは前半は、おすのお仕事です。




みんな何処に行ったの? はぐれもののアデリーペンギン
 岩場にたたずむアデリーペンギン君、何を考えているのでしょうか?
餌を取りに行く方向でも考えているのでしょうか?




いそいそ… 餌をとってきて帰宅するアデリーペンギン
 おさかな食べておなかいっぱい。。。
ペンギンの夫婦は交互に卵や雛を抱きます。
雄が卵を抱えているときは、雌が餌を海の中へ取りに行きます。



お腹ですいすい! 何処へ行く?アデリーペンギン!
 つがいでしょうか?何処に行くのでしょう?
お腹を氷につけてすいすい進むととても早く進めます。




餌取りに行こうかな! 海岸近くのアデリーペンギン
 これから海に入って餌を食べてこよう!子育てが始める頃には、
海の氷が少し溶けて海に入りやすくなります。





人間なんて恐くない! 人間様とアデリーぺンギン
 子育て以外の時は近づいても怒りません。
南極大陸はこんな岩で出来た地形をしています。





そんなに急いで何処へ行く かけ回るアデリーペンギン
 ダッシュ!いそげいそげ!でも何処行くの?






求愛ダンス 声をだしてつがいに合図するアデリーペンギン
 巣に近づくとこんな具合に上を向いて大きな声で威嚇します。
「子供がいるんだからこっちに来ないで」と言ってます。





男は黙って待つ! つがいを待つアデリーペンギン
 ペンギンは鳥です。え、知らなかった?
空は飛べないんですけど海を泳ぐのは得意なんです。
アデリーペンギンは岩のあるところで卵を産みます。




こっちみちゃいや! こっちみないで!
 ここは小さな小島の上に巣を作ったペンギンさんです。岩が沢山ありますね。
この時期はブリザードもあまりなく暖かい日が多いのです。





ルッカリー ルッカリ(集団営巣地)のアデリーペンギン達
 ルッカリー(集団営巣地:沢山ペンギンが集まって産卵するところ)
産卵場所をやっと決めてつがいでいるところです。





魅惑的なオーロラ姫 天に舞うオー ロラ
 オーロラは、オーロラ姫と呼ばれその美しさを女性名詞にたとえられます。
カーテンが舞うように本当に早く動き回ります。
一度見るとその魅力にとりつかれてしまいます。

 ★オーロラライブ


オーロラとアンテナ アンテナとオーロラ
 オーロラは地球の裏側に溜まった粒子が太陽活動の大きな影響で地球の
南北極の磁極に向かって降り注がれます。
その途中、地球の大気にぶつかり空気が発光する現象です。
オーロラの活動の度合いにより色は薄い黄緑色からピンク色に変化します。
黄緑色は窒素、ピンクは酸素が光っています。


オーロラと夜空のコラボ オーロラと昭和基地管理棟
 南極昭和基地の管理棟と発電棟の後ろ側に現れたオーロラです。
それに加えて満天の夜空には星がまぶしいぐらい輝いています。
南極は低温のためとても湿度が低いため夜空のお星様がとても
きれいなのです。


アザラシ親子 ウェッデルアザラシの親子
 昭和基地の近くには、蟹食いアザラシとウェッデルアザラシがいます。
南極の 夏に当たる11月頃に南極大陸の近くの海の上で出産し子を育てます。2月頃には親子共に海に帰っていきます。



アザラシの子 ウェッデルアザラシの子
 アザラシの子は親にはぐれないように、いつもいっしょにいます。
もし、離れてしまうと母乳が飲めず死んでしまいます。
南極は今でも過酷な環境です。でも必死に生きてるんですよ!



いぬみたいでしょ! 子犬みたいでしょ!
 アザラシは、犬科のほ乳類だそうです。
子の顔は本当に犬みたいですよ。
体の毛もふんわりしていています。ペットにしたいぐらいです。
そういえば、ごまふあざらしのたまちゃんは何処へ行ったのでしょう?


ペンギン達 アザラシ、ペンギン、人間
 海氷上の観測隊員とアデリーペンギンとアザラシです。
氷山や南極大陸の沿岸、雪上車がみえます。
ここは写真撮影には絶好の場所です。