ペンギンさんの南極情報


コンテンツ

ご覧アレ

南極NEWS・天気



sunami* design
ペンギン写真集

管理棟・発電棟・オーロラ・銀河
オーロラと昭和基地管理棟
南極昭和基地の管理棟と発電棟の後ろ側に現れたオーロラです。
それに加えて満天の夜空には星がまぶしいぐらい輝いています。
南極は低温のためとても湿度が低いため夜空のお星様がとてもきれいなのです。

ペンギン写真集へもどる→
←前へ 次へ→

ペンギンさんの南極日記(セレクション)

 今日の話題は、「南極と圧力鍋」です。

 圧力鍋は、南極昭和基地ではあまり使わないのですが、ドームF基地への内陸旅行には、欠かせないアイテムの一つです。昭和基地は、900ヘクトパスカル程の気圧なのですが、内陸になりますと700ヘクトパスカルにまで低下します。

 こうなると、気圧が低いため沸点が下がります。普通にお米を炊くとうまく火が入りません。芯が残ってしまいます。そこで、旅行当初から圧力なべを使って炊きます。炊く時間も短いですし、保温箱にすぐに入れると余熱で炊き上がります。大変重宝しました。

 内陸旅行中、私が食事当番のとき、一度だけ圧力が抜けたためかうまくお米が炊けず芯が残ってしまいました。このときは、貴重なお米のため捨てるわけにも いかす、その後、お湯を入れておかゆにしても、芯はのこりどうしようもありませんでした。あらためて、食事当番の大変さを実感したものでした。

 南極の内陸旅行では水が貴重ですからお米は無洗米を使っています。無洗米ではなかったかもしれませんが、米とぎはしたことがありません。昭和基地は、通常どおり米をとぎます。

 追伸:ちなみに我が家のご飯は、圧力鍋で炊きます。お安いお米でもおいしくなります。お試しあれ。